野菜で健康になるのはどうして?

 

野菜を食べると健康になる理由は、食物繊維が非常に豊富で、整腸作用を促進させる効果があるためです。ビタミンやミネラルは肉類にも含まれていますが、食物繊維は肉から大量に摂取することは不可能です。食物繊維には2種類があり、ゴボウなどに多い不溶性食物繊維は、腸内の蠕動運動を活発にさせる働きがあります。ペクチンなどの水溶性食物繊維は、腸内で吸収されることで、善玉菌の活動を助ける働きがあります。

 

肉と一緒に大量の野菜も食べる習慣があるのは、消化酵素の助けによって、健胃や整腸の効果を得るためです。トンカツにキャベツをたっぷりと添えて食べるのも、胃腸を保護して消化を助けるためです。鍋料理に白菜やキノコを沢山入れて食べる場合にも、胃腸に優しい成分を満遍なく吸収できます。

 

野菜をよく食べている人は、血糖値が安定しやすく、コレステロールの数値も過剰になりません。水溶性食物繊維には、糖質の吸収を和らげる効果がるために、主食よりも先にサラダや漬物を食べることがおすすめです。独特な歯ごたえがあることで、満腹感を得やすくなり、ダイエットのために有効なことも見逃せません。健康のためには、皮や葉の部分も無駄なく利用したり、旬のものを選ぶことが大切です。

 

わんまいるの特徴


更新履歴